ファクタリング会社を利用する際は事前に確認しておこう

四人の男女

ファクタリングが有効なのは一時的な現金不足の対応!

ファクタリングによる資金調達方法は、一時的な現金の不足であれば有効な効果をもたらします。支払期日前の売掛金を事前に受け取れるという点から将来受け取れる代金という自社の資産を利用することとなり、負債にもなりません。そのため、毎月発生する固定費用や税金の支払に現金が足りない場合には、有効かつ短時間で利用出来るため、現金不足による倒産リスクを避けることが可能です。
しかし、ファクタリング自体は外部から資金を投入するものではないため、トータル的な現金が増えるというものではありません。会計管理上では、売掛金という資産が現金に置き換わるだけであり、ファクタリングによって得られた資金を設備投資などの長期的な目的に充てることは結果として資金繰りを悪化させる要因となります。そもそも、設備へ投資した場合、翌月には再び現金が不足してファクタリングに頼ることになってしまいます。
外部から資金が投入されるものではなく、買取手数料として費用が発生してしまうため、会社が有する資産を減少させてしまうことになります。そのため、ファクタリングを利用する際は調達した現金の振り向け先に気を付ける必要があるため、資金難で苦しんでいる場合でも資金計画を立案することが重要です。