ファクタリング会社を利用する際は事前に確認しておこう

四人の男女

ファクタリングの自主規制が強化!利用者が安心できる点と不安な点!

ファクタリングのニーズ増加に伴い、ファクタリング業界でも貸金業者のように自主規制が行われるようになりました。これまでは、法的な規制がないことから悪質なファクタリング会社により売掛金を易く買い叩かれるだけでなく、ファクタリング会社自体が架空債権や二重譲渡に合い被害を受けることが問題といた状況です。
しかし、ファクタリング会社も自主規制機関が設けられ、利用する側は会員証を確認することで安心できる会社かどうか判断することが可能になっています。機関の登録会員となるためには、ファクタリング会社自体も審査を受けるため悪徳な会社は登録は困難と言えます。
ですが、利用者側に対するメリットだけではなく、銀行や貸金業者のように信用情報を管理するセンターが開設され、会社情報や売掛金を売却譲渡した履歴が登録され、登録会員は審査の際にその情報の照会が義務付けられています。
さらに情報を利用出来るのは割賦販売法に基づく『包括信用購入あっせんまたは個別信用購入あっせん業者』として登録していることが条件であることから、信用情報からの与信判断に精通している業者の審査を受けることとなるため、ファクタリングに於ける審査はこれまで以上に厳しくなる可能性が高まっています。特に金融取引に関して事故のある会社は利用する際には注意が必要になります。